LPLP(ルプルプ)白髪用カラートリートメントの口コミ!美容師が徹底レビュー

LPLP ルプルプ 口コミ 美容院Rコンテンツのアイキャッチ画像1

こんにちは!美容院RのHACHIです^_^

最近、サロンホームページのお問い合わせより【白髪染め】に関する質問をよく頂きます。

お客様
お客様

自分で白髪染めをしたら髪が傷んでしまった
月1で染めてきたが頭皮が心配になってきた。優しい白髪染めってありますか?
家でできる白髪染めで簡単にできるものはありますか?

などなど。

美容師としては「サロンで染めてください」というのが本音ですが、【家で手軽に綺麗に染めたい】という願望ももちろん理解できます!

そこで今回は、そんなセルフカラー派の人の希望を叶えてくれる白髪染めトリートメントのLPLPについて紹介させて頂きます。

失敗しにくい、髪に艶が出る、トリートメント感覚で使えて手軽、白髪もOK!

などのメリットが盛り沢山の白髪ケアです。

美容師目線でのレビューや分かりやすく解説もしていくので参考にしてくださいね。

この記事で知れること
  • 他の白髪染めとの違い
  • 美容師のガチレビュー
  • LPLPと相性の良い人、良くない人

LPLPとは、どんな白髪染め?

ルプルプ LPLP カラートリートメント1

LPLP(ルプルプ)
価格:3,300円(税込)
色味:5色展開(ブラウン、ダークブラウン、モカブラウン、ベージュブラウン、ソフトブラック)
※髪表面を着色するヘアマニキュアタイプのカラートリートメントです
公式サイト:LPLP公式サイト

LPLPは、白髪も染めることができるカラートリートメントです。

良さを一言で表すと【自宅で簡単に白髪を染める】ことが可能で、とにかく手軽!

トリートメント感覚で使ってもらうだけで、3~5回ほどの使用で白髪を目立たなくなくすることができます。

美容師のように専門知識を持っていなくても誰でも美しく白髪を染めることができますよ。

新発売
LPLPカラートリートメント エッセンス
LPLPと比べ、
放置時間約20分→3分前後
【染まりの良さ、早さ】を追求した新商品

LPLP essence(ルプルプ )エッセンス)
価格:1,980円(税込)
色味:3色展開(チークブラウン、ウォルナットブラウン、エボニーブラック)
※髪表面を着色するヘアマニキュアタイプのカラートリートメントです
公式サイト:LPLP公式サイト

【使い方の手順】

LPLPの使い方

誰でもできる3STEPでカラートリートメントをすることができるのがLPLPの魅力です。

薬剤を混ぜたりする必要もなく、とにかくシンプルで簡単。

しかも、ヘアカラー特有の臭い香りもほとんどないので、家でセルフカラーするのに最適。

実はLPLPは、多くの人が思い浮かべる一般的な白髪染め(美容用語では酸化染毛剤)とは全く別物です。

LPLPと一般的な白髪染め(酸化染毛剤)との違い

LPLPと酸化染毛剤(一般的な白髪染め)の違い1

LPLPと一般的な白髪染めの違いは【髪・頭皮への優しさ】です。

一般的な白髪染めというと、

  • 頭皮がピリピリしみる
  • カラー後に痒くなる
  • 髪がパサつく

などトラブルの原因になることもありますが、LPLPは頭皮や髪を守りながら染めることができます。

一般的な白髪染め
酸化染毛剤(白髪染め)1

アルカリ剤で髪のキューティクルを開き、カラー剤を髪内部に浸透させる。

化学反応(酸化重合)により髪内部を染色し、色が発色する

髪の「内側」が染まる

1回でしっかりと染まるが、薬剤が強いので髪や頭皮への刺激が強い

LPLP
ルプルプ LPLP カラートリートメント1

イオンの働きでカラー剤が髪の表面に定着する。

また補助的に配合されている直接染料がキューティクルの隙間に入り込み発色する

髪の「外側」が染まる

優しい成分で徐々に染まり、髪や頭皮がダメージしにくい

【LPLPが髪が傷みにくい理由】

一般的な白髪染めのダメージ原因1

一般的な白髪染めは、染料・アルカリ剤・過酸化水素の3つの薬剤でできています。

このうちアルカリ剤と過酸化水素が髪や頭皮へのダメージの原因になります。

アルカリ剤 → キューティクルがダメージするため手触りが悪くなりやすく、開いたキューティクルの隙間から髪の中の栄養が抜けてしまうため、パサつきやすくなる。

過酸化水素 → カラー後も髪や頭皮に残りやすく、活性酸素というダメージ物質に変化しやすい。

などのデメリットがあるのに対して、、、

LPLP ダメージが少ない理由1

LPLPは髪の表面にイオンのパワーで吸着するタイプ(ヘアマニキュアタイプ)の白髪染めで、アルカリもごく弱く、過酸化水素も使いません。

髪の内部まで薬剤を染み込ませないのでダメージしにくいのです。

ですので、白髪は染めたいけど、髪は傷めたくない!という人におすすめ。

素人が扱っても再起不能レベルに髪を傷めてしまうリスクが少ないため、美容師の中にも「セルフカラーするならカラートリートメントにして欲しい」という人がいるほどです。

お客様
お客様

とにかくダメージの少ないカラーなんですね^_^

美容師 / HACHI
美容師 / HACHI

そうですね!
「セルフカラーして毛先が真っ黒になった」
「髪がパサパサになってしまった」
「色が抜けてくるとすごく傷んで見える」
こんなお悩みもLPLPで染めれば解決しやすいですよ😊

【頭皮のケアにも向いている】

LPLP ボトル表記1
美容成分94%で頭皮にも優しい

LPLPは、 今までの白髪染めでピリピリしみたり、痒くなったという人も安心して使えるカラー剤です。

なぜなら【ジアミン】というアレルギー成分を使わないカラー剤だからです。

※カラー剤で頭皮が痒くなったり、赤くなってしまう人の多くは、カラー剤に入っている【パラフェニレンジアミン】にアレルギーを起こしているとされています。
心配な人は、ぜひジアミンフリーのカラー剤を選びましょう。

またジアミンの他にも、【パラベン】【鉱物油】【タール色素】などの添加物もLPLPには入っていません。

自宅でも安心して染められるように成分が配慮されているんです。

【頭皮のトリートメント成分も配合】

LPLP LPコンテンツ フコイダン1

頭皮を傷めにくいだけでなく、頭皮のトリートメントも一緒にできます。

LPLPには【シオノギ海藻エキス】という独自成分が使われています。

この成分は海藻に含まれる栄養素【フコイダン】を含んでおり、頭皮のバリア機能をUPさせたり潤いを高めることで頭皮を健康に保ってくれます。

美容師 / HACHI
美容師 / HACHI

LPLPは頭皮に対しても、【潤いトリートメント】効果が凝縮
だから、髪の土台である頭皮から美髪・育毛を促していけます。
40代あたりから出てくる「白髪どうしよう」「でも、頭皮もダメージさせたくないし…」こんな悩みを1本で解消してくれるんです。

髪に艶とハリが出しやすい

LPLPは髪のコーティング効果があり、この効果によって髪に艶やハリを与えてくれます。

それだけでなく、髪がコーティングされることにより、外部からのダメージ(乾燥、摩擦、熱)からも髪を守ってくれます。

つまり、LPLPはヘアケアとしても使えるのです。

しかも、髪がダメージしている部分ほどしっかりと成分が吸着する性質があります。

出典元:https://www.demi.nicca.co.jp/salonsupport/beauty3_detail_11.html

簡単に説明すると、LPLPのカラートリートメントはーイオンを帯びており、髪のダメージ部分は+イオンに傾いています。

+と-のイオンは磁石のように引かれあう性質があるので、ダメージしている部分ほどしっかりとLPLPが吸着してコーティングするという訳です。

継続して使用することで、よりしっかりと髪に定着しますので、艶が出やすくなります。

また、コーティングによって髪に一本芯が通ったようになり、ハリやボリューム感を感じることができるのです。

女性のツヤ髪1
美容師 / HACHI
美容師 / HACHI

美容院でカラートリートメントをした場合も、「ツルツルですね~」と嬉しそうに髪を触って下さるお客様、多いですよ!


いかがだったでしょうか?

LPLPをはじめとするカラートリートメントは私個人としてもかなり優秀なセルフカラーだと思っています。

白髪は染めたいけど、髪は傷めたくない!という希望を叶えてくれるので、気になる人は使ってみてはいかがでしょうか(*^^*)?

もちろん、どんな商品でも相性の良し悪しはありますので、今からお伝えしますね。

LPLPと相性の良い人、良くない人

相性の良い人
  • ダメージしにくい白髪染めをしたい人
  • 自然な感じのヘアカラーが好きな人
  • 髪に艶、ハリを出したい人
相性の良くない人
  • 頻繁に髪色を変えたい人
  • 1回で完全に白髪を染めたい人
  • 髪色をすごく明るくしたい人

今の髪色より明るくすることができませんので、その点だけ注意しましょう。


お客様
お客様

トリートメントとして使うだけで白髪を目立たなくしていけるんですね!
【トリートメントしながら白髪も染められる】なら毎日でも使いたいくらいだし、嬉しい😊
私にはメリットの方が大きそうです!

美容師 / HACHI
美容師 / HACHI

いかにも染めた感じがなくて、「自毛かと思ってた」と驚かれてしまうほど自然な仕上がりなのもLPLPのオススメポイントです。
髪色を今より明るくはできない等のデメリットもありますが、メリットが大きいと感じるなら試す価値はあると思いますよ!

ここまでがLPLPについての美容師としての解説です。

ここからは、実際にLPLPを使ってみましたので、使用感など使ってみないと分からない情報をお伝えしていきますね。

【美容師が使ってみた】LPLPの使用感と染まり

1.染まり・発色を検証

LPLP 美容師レビューの様子1

今回は「ソフトブラック」を使用

青~緑のグラデーションが美しいパッケージが目印のLPLP。

内容量は200g入りで、

  • ショートヘアなら約6回
  • ロングヘアなら約4回

染めることができます。

LPLP 白髪用カラートリートメント 検証1

まずは毛束を染めてみましょう!

「ソフトブラック」の中身の薬剤は真っ黒ではなく、ダークブラウンっぽく見えます。

香りはほのかにハーブのような香りで、一般的なカラー剤のような「独特の臭さ」は全くありません。

ですので、家でも臭いを気にせず使いやすいです😊

LPLP 美容師検証の様子2

放置時間の目安は20~30分

ルプルプの放置時間は約20~30分です。

美容師としても白髪染めトリートメントの放置時間は20分前後をオススメします。

短い放置時間では白髪が染まらないことも多いので、パッケージ通り長めに時間を置きましょう。

※ちなみに、5~10分で染まるという白髪トリートメントもありますが、そういった商品もよく見ると小さな字で「染まりにくい場合15分以上置いてください」と書かれています。結局、しっかり染めるためには長めに時間をおいた方がいいのです。

LPLP 白髪用カラートリートメント 検証1

毛束なので今回は10分で時短カラーしてみます。

使ってみてまず最初に感じたのは、カラー剤の伸びが良く塗りやすい!

これだけ伸びが良いのなら1本(200g)でもロングヘアが4回染められるというのも納得です。

コスパも月3000円*ほどに収まり、LPLP1本でカラーとトリートメントになるので「美容院代の節約」にもなりますよ。(美容師としては複雑ですが…笑)

*キャンペーンを利用した場合

LPLP 白髪用カラートリートメント 検証2

LPLPカラー1回目

いい感じに寒色系に染まってくれました。

白髪染めってどうしても赤っぽく染まりやすいのですが、LPLPは赤味が出にくく、かつしっかりと染まっています。

白髪染めトリートメントの比較記事でも書いたのですが、LPLPは「かなりしっかりと染まる部類」だと思います。

LPLP 白髪用カラートリートメント 検証3

3回染めた結果がこちら

ブラックというよりダークブラウン系ですね。

ですので、暗めのブラウンに染めたいと思っている人で「赤っぽくなりたくない」という人は、ソフトブラックを選んでもOKかも知れませんね😊

2.汚れにくさを検証

LPLP汚れにくさ検証 ビフォー

お風呂の汚れにくさも検証。

LPLPを直接バスタブ🛀に付け、5分放置、綺麗に落とせるか確かめてみました。

掃除が面倒くさいと使うのを辞めてしまう人も多いはずなので、仮に汚れてしまった場合も簡単に落とせると◎ですよね。

シャワーで流してみると…

みるみる汚れが落ちていきます♪

10秒もしないうちに、、、

LPLP汚れにくさ検証 アフター

こんなに綺麗に落ちました^_^

何回か検証してみたんですが、基本的にこすらずシャワーで綺麗に落とせました。

一点、バスタブの水垢がついている部分にLPLPがつくと、薄っすらと色が残ることがありました。

その場合もメラミンスポンジ(激落ちくん)で軽くこするとすぐに汚れが取れましたので、総じてLPLPはバスルームも汚れにくいヘアカラートリートメントだと言えます。

ここまで綺麗に落ちると「髪色も落ちやすかったり、色が入りにくかったりするのでは?」と思ってしまいますが…

LPLP 白髪用カラートリートメント 検証3
LPLP
エブリ カラートリートメント 検証3
市販ヘアカラートリートメント

上の写真は「LPLP」と「市販の白髪染めトリートメント」(商品名は伏せさせて頂きます)を3回ずつ染めたものです。

染まり具合がLPLPのほうが断然良いですよね!

LPLP カラーバリエーション1

また、カラーバリエーションも5色から選べて自分に似合う色が見つけやすいのもLPLPの良い所です。

※他の白髪用ヘアカラートリートメントは2色や3色展開とカラーバリエーションが少なめです

LPLP(ルプルプ)の口コミ

LPLPアットコスメの口コミ1

今まで白髪ケアジプシーでしたが、かなり満足してます。

最初の一本目は、集中して使うのが良いとパンフに書いてあったので、ほぼ毎日シャンプー前に使ったのですが、乾いた髪に塗ってから伸ばしにくいときは、少しだけブラシを濡らすとやりやすく、色もちゃんと入りました。

私は髪色が黒いのでソフトブラックという色を選びましたが、自分の髪と相性がよかったみたいで、サイドアップの髪型の時に耳の周辺にあった白髪の小集団…かきあげると内側にも散在してテンション下がってましたが、、初回で結構目立たなくなり、真っ黒ではなくチョコレート色みたいな感じになっています。他の方のレビューで、色が暗めだとのことでしたが、私のように元の髪色が黒めで部分白髪が目立ち気になる方にはとても助かる仕上がりだと思います。

https://www.cosme.net/product/product_id/10163486/review/509905009
クチコミの表示を増やす

私は毎日トリートメント替わりに使うということが面倒になり、定期購入を解約してしまいました。商品はいいものだと思うので、マメな方には向いているのかもしれません。

https://www.cosme.net/product/product_id/10163486/review/510062319

赤みのあるブラウンてすが  明るすぎない上品な赤みブラウンで、落ち着いた大人の女性らしい色味で気に入ってます。 私は細い髪なので30分も放置するとかなり色が入ってしまいます。 リタッチする際は放置時間は少なめでOKなので、お風呂に入りながらのリタッチができて時短で助かってます。

https://www.626214.com/item/157000/

一番気に入ったのは、アロマの香りです。シャワーキャップをかぶって待っている間も、ゆったりと癒されます。染め具合は、説明にある通り、最初3日続けて使用すると段々と染まります。色は真っ黒すぎず、赤味もなく、自然な黒に仕上がりました。毎日の洗髪で徐々に色落ちしますが、タオルには色は付きません。

難点は、チューブタイプなので両手で染めている途中で追加のクリームを出す時に、チューブに汚れが付くことくらいです。

https://review.rakuten.co.jp/item/1/252608_10026921/cjxx-iad77-scyd_1_1631486517/?l2-id=review_PC_il_body_05

LPLPを最安値で購入できる方法

LPLP 店舗販売の様子1

LPLPの定価は3,300円(税込)。

ロフトなど一部の店舗で取り扱っている場合もあるみたいですが、必ず置いてあるとは限らないので事前に店舗に問い合わせをする必要があります。

そういった手間暇やキャンペーンの有無を総合して考えると、通販で購入するのがおすすめです。

Amazon → 定価
楽天   → 定価
公式   → 割引&特典あり

となっていて、リピートする時も割引が使える公式のキャンペーンで買うのが賢いと言えるでしょう。

もちろん、楽天やAmazon派の人、「割引よりもポイントが貯めたい!」という人もいるかと思いますので、お好みでどうぞ。

↓タブで切り替えると両方のキャンペーンが確認できます。

PR:LPLPキャンペーン内容

LPLP essence(約1~1.5ヵ月分)が1,980円(税込)のキャンペーン価格で購入できます。

定期購入にはなりますが、

  1. 【送料無料】
  2. 【専用コームやイヤーキャップなどのヘアカラー用品1式プレゼント】
  3. 【返金保証】

と定期購入だけの特典も豊富で、 【いつでも解約OK】 だそうです。

少しでもお得に買いたい人は以下にキャンペーンページを貼っておきますので、チェックしてください。

もちろん、お得に試すかどうかは皆さんの自由です。

ルプルプエッセンス