ヘア&ヘッドスパサロン「R」が答える
美容のお悩みQ&Aブログ

こんにちは!
美容院Rの竹村です ^_^

この記事では【シャンプー解析サイトってどうなの?】という内容について紹介しています。

サロンのお客様からこんな質問が寄せられました。

お客様
お客様

シャンプーを探していたら、シャンプー解析サイトに行きついたのですが…
昔、美容院で買ったことのあるシャンプーも酷評されていて、、私的には使い心地もよく気にいっていたのですが、実際のところどうなのでしょう??

竹村 / 美容師
竹村 / 美容師

なるほど。
それは気になってしまいますよね。
詳しくお伝えいたしましょう!

シャンプー解析サイトの内容は信じていいのか?

シャンプー解析サイトに掲載されているシャンプーの解析やランキングなどを信じてもいいのか?

結論からお伝えすると…

結論

A

参考にするのはいいけど、内容を鵜吞みにしない方が良い

もし、あなたがシャンプーを探していてシャンプー解析サイトに行きついたなら、解析サイトの内容も参考に他のサイトや愛用者の口コミも見てみるべきです。

解析サイトで評価が良かったから【良いシャンプーなんだ!】とすぐに判断してしまうのは少し安易かなと思います。

誤解のないようにお伝えしておきますが、解析サイトに書かれている内容が良くないとか、間違っているという訳ではありません!

では、なぜ内容を鵜呑みにしてはいけないのか?

2つの理由がありますので、詳しくお伝えしていきますね。

解析サイトの情報を鵜呑みにしてシャンプーを選んではいけない理由

美容師の多くが「解析サイトの情報を鵜呑みにしてはいけない」という理由、それは…

  1. 成分だけではシャンプーの良し悪しは判断できないから
  2. 過度に不安を煽るような書き方がしてあるから

の2つ。

【理由1】成分だけではシャンプーの良し悪しを判断できないから

理由その1

「え、どんな成分が使われているかでシャンプーの品質が決まるんじゃないの?」

という人も多いかも知れませんね。

ですが、それは間違いです。

シャンプーの品質を決める要素は大きく3つ。

  1. 成分
  2. 配合バランス
  3. 製造元の技術力

この3つの要素を踏まえないとシャンプーの良し悪しは、決して判断できません。

分かりやすくシャンプーを【料理】に例えて説明していきます。

実は、料理を作るのとシャンプーを作るのはすごく似ているんです。

例えば・・・

美味しい料理を作るのに必要な要素は…

  1. 食材
  2. レシピ
  3. シェフの技術

おそらく、こんな感じです。

シャンプー解析サイトの内容を信じてはいけない理由 例1

この全てがうまく合わさることで美味しい料理はできますよね?

仮に、私の目の前に最高級の食材が用意されていたとしても、美味しい料理を作ることはできないでしょう。

私には料理の知識も技術もないからです。

また、全く同じ食材を使い同じ料理を作っても、シェフの料理と私の料理では違う味になってしまいます。

上記の内容には多くの人が納得していただけますよね?

実は、この説明はシャンプーにも当てはめることができます。

シャンプーの場合

先ほど、シャンプーの品質を決めるのは、成分・配合バランス・作り手の技術力だとお伝えしました。

つまり、

  1. 成分(食材)
  2. 配合バランス(レシピ)
  3. 作り手の技術力(シェフの技術)

だということです。

シャンプー解析サイトの内容を信じてはいけない理由 例2

使っている成分が同じでも配合バランス(レシピ)が変われば、全く違うシャンプーが出来上がります。

また、知らない人も多いかと思いますが、シャンプーの出来は成分を混ぜ合わせる順番や温度管理でも変わってしまうんです。

と、ここまで説明してきて、もうお気づきの人も多いでしょうが、シャンプー解析サイトとは下の図の【1】の部分だけを切り取っているわけです。

シャンプー解析サイトの内容を信じてはいけない理由 例3

グルメサイトに例えるなら、どんな食材を使っているかだけを判断材料に料理店の評価・ランキングを決めているということになります。

お客様
お客様

なるほど!
成分だけでシャンプーを判断することはできないんですね。
でも、シャンプーの良し悪しを知るために配合バランスやメーカーの技術力まで調べるのは難しいですよね?

竹村 / 美容師
竹村 / 美容師

そうですね。
配合バランスはメーカーの秘伝のレシピですので公開されることは絶対にありません。
仮に成分・配合バランス・メーカーの技術力全てが分かったとしても、結局はそのシャンプーを使ってみないと良し悪しは判断できないんです。
ですので、実際に使っている人の口コミやそのシャンプーの使用感をよく分かっている美容師のアドバイスも参考にするのが良いでしょう。

以上が美容師が「シャンプー解析サイトの情報を鵜呑みにしてはいけない」という1つ目の理由です。

【理由2】過度に不安を煽るような書き方がしてあるから

理由その2

2つ目の理由は、必要以上に消費者の不安を煽るような文言が使われているから。

以下のような過激な文言が使われていることもありますよね。(※一部のシャンプー解析サイトのおいて)

  • ○○という成分は毒性が強く~~
  • 頭皮環境をボロボロにする極悪シャンプーである

自分の使っているシャンプーが毒性が強いなどと書かれていたら、さぞ不安になると思います。

ですが上記のような内容は、ちょっと極端すぎる主張ですので、不安になりすぎることはありません。

お客様
お客様

それでも、やっぱり「毒性が~~」とか書いてあると気にしてしまいます。
極端な主張と教えてもらっていても、です。。

竹村 / 美容師
竹村 / 美容師

毒性が…とか言われたら誰でも不安になりますよね。
でも例えば「卵はアレルギーが出る人がいる!だから卵は毒だ!卵料理を出す料理店は極悪だ!」
と言われたら、極端だなと思いませんか?

お客様
お客様

それは・・・極端ですね(笑)

シャンプーをはじめとする化粧品については、厚生労働省が薬機法に基づき、化粧品基準を定めています。

化粧品基準の中で、人体に害のある成分については配合を禁止しています。

さらに配合可能な成分の中でも、比較的刺激性のある成分に対しては上限量が決められていたりと、厳しい規制もあります。

リスクがないとは言い切れませんが、シャンプーに配合可能な時点で、ある程度安全性や有用性も認められている成分だということです。

シャンプーに配合される成分の安全性についての解説画像

解析サイトにおいて「毒性が~~」と言われている成分は、たしかに体質に合わず頭皮に刺激を感じてしまう人もいますが、多くの人にとって問題なく使える成分というのも事実です。

敏感肌やアトピーをお持ちの人に対して、

  • 「肌に合わない人にとっては刺激が出る場合もある、ということを気に留めておきましょう」
  • 「敏感肌の人には相性が良くないかも知れません」
  • 「洗浄力が強いと予想されるので、肌の弱い人にはあまりオススメしません」

と、注意を促すのであればいいと思いますが…

一部のシャンプー解析サイトのように、アレルギーの可能性がある成分を片っ端からやり玉にあげて「毒性がある!ダメシャンプー」とか言ってしまったら、それは商品にいちゃもんをつけるクレーマーと同じです。

ネガティブな内容だからこそ、言葉を選んで正確なニュアンスで読者に伝えることが必要です。

そういった意味で、必要以上に不安を煽るようなシャンプー解析サイトには注意した方がいいかも知れませんね。

以上のような内容が「シャンプー解析サイトの内容を鵜呑みにしてはいけない」理由の2つ目です。

もう一度まとめると…
  • シャンプー解析サイトの内容は参考になるが、鵜呑みにしない方が良い
  • なぜなら、成分解析だけでシャンプーを判断することはできないから
  • また、必要以上に消費者の不安を煽るようなサイトもあるから

いかがでしたか?

少し否定的な内容も書いてしまいましたが、、
実は使い方によってはシャンプー解析サイトが非常に役に立つ場合もあるんです。

最後にシャンプー解析サイトの賢い使い方についてもご紹介しておきますね。

シャンプー解析サイトの活用方法

気になるシャンプーについて調べる際に、

  • 敏感肌なので配合成分について知りたい
  • お目当てのシャンプーの特徴を知りたい

と思った時は、シャンプー解析サイトを活用してみましょう。

自分のアレルギー物質が配合されていないか?

アミノ酸シャンプーなのか?

シリコンは入っているのか?

さっぱり系orしっとり系なのか?

など気になるシャンプーの特徴を知りたい時には、解析サイトが非常に役に立ちますよ。

まとめ:勘違いしないで欲しいポイント

シャンプー解析サイトについて
  • 成分の解説は参考にできる
  • 評価の根拠が明確なので、多くのステマサイトよりよほど好感がもてる
  • 成分を基にシャンプーを評価するのも答えの一つである
  • 必要以上に不安を煽る書き方をしていることもある
  • 成分だけでシャンプーの全てを判断できるわけでない

シャンプー解析自体を否定する声もありますが、私はそうは思いません。

私たち美容師のように、シャンプーの使用感または培ってきた経験や知識を基にシャンプーを評価するのも、ひとつの答え。

シャンプー解析サイトのように、成分に特化して評価をするのも、また違った答えの形なんです。

でも、この記事を読んで下さった人は「シャンプーは成分だけじゃ判断できないんだ」ということも知って頂けたはず。

これからシャンプーを選ぶ際には、今回の知った知識も活かして頂けると嬉しいです。

この記事のお相手は美容院Rの竹村でした!

それでは、また。

このページの監修者

ヘア&ヘッドスパサロン R

兵庫県神戸市東灘区岡本1-14-15 ハマブリーゼ岡本1F

078-862-9483